【プロフィール】

似顔絵西沢知樹 
実践英語ナビゲーター / コンサルタント
大阪府在住。

外資系企業のトレーダー、財務コントローラー、国内メーカーの海外法務担当などを経て、現在は「仕事をドラマに変える」をミッションとして、英会話学校などでは決して教えられない、真に国際舞台で活躍するための「使える」英語の習得や、英語での交渉ノウハウを提供し続けている。ヨーロッパ、北米などの企業数十社を相手に英語によるビジネス、交渉の豊富な経験があり、それらに基づく生きたアドバイスを提供することを身上とする。過去には北米のメーカーを相手に数十億円規模の訴訟問題複数につき渡り合い、これらを一挙に解決に導いた実績を持つほか、国際法務や海外交渉において数多くの成果を挙げている。

…と書くとエリート街道を歩いて来た様に読めてしまうが、実は決してそうではない。

小学校時代は優等生で、地元の名門私立中に進むも、その後ダラけて「ファミコン」漬けの毎日を送る。中学卒業時の成績は「ビリから4番目」(全校生徒184人中180位)という輝かしい成果(?)を誇り、父親の腰を抜かさせた。その後、お情けで付属の高校に進学するも、メールセミナーの中で語られて反響を呼んでいる「羽かざり」のエピソードなど、英語では大ハジを書きつづける日々。

留年が怖いため仕方なくある程度勉強するが、全国の真剣な受験生には適わず、東京の大学には全て不合格、地元の私大に進学。英語が使えるようになりたいと英語サークルに加入するが、非常におとなしく典型的な内向きの性格だったため、まったく芽が出ない。長いこともがくうちにふと気づき、英語の「意識」「センス」について研究し始める。その後半年で、TOEIC800点を突破し、大学卒業前にイギリスの大学へ留学、「ようやく光が見えた!」かに思えた。

しかし、今度は自分の英語が海外でさっぱり通じずにコミュニケーションが出来ず、場に溶け込めないためほぼノイローゼ状態に陥る。これをきっかけに、英語によるコミュニケーションについて関心を持って研究し始める様になり、逆転開始。帰国後は東京のヨーロッパ系企業に就職する。その後社内で英語実用能力No.1の日本人社員という評価を受け、国の内外にたくさんの友人を持ち、英語交渉で成功を掴む様になり、上記の様な現在に続いていく。

「英語の秘訣は、英語の外にある」と考え、現在も心理学からマーケティング、人生論に至るまで日英数多くの本を読破し続けているほか、心理カウンセラーやライフプロデューサー、作家、マーケッター、インフォプレナー達との交流も多数。オフィスの「ケイティクス・ドットコム」を通じて、発行メールマガジンの読者から受ける相談を始め、英語学習や英語コミュニケーションに悩む世界中の日本人からの問い合わせに日々対応している。

オフィス「ケイティクス・ドットコム」
http://www.catiks.com/ )


特別無料レポート
「15分で変身!歴史上の『英語美人』が使っていた
英語ペラペラになる裏ワザ」をプレゼントします。

こちらからお申し込み下さい。ご登録いただいた方には、無料メールマガジン「英語本、どれがいい?元・外資マンの実用分析書評」を併せてお送りいたします。


お名前(姓)
E-mail

【プロフィール】

>>Close